先週ドイツのアウトビルト

メイン記事でアウディと関連し、その中でも、新しいA4の短いが強力なニュースを伝えました。記事は、A4の内容だけでなく、アウディ、会社全体が直面して現在の状況、そしてより強力にドライブをかけて競争力を高めるというような内容だったのです。今から簡単に、非常に簡単にエキスだけを選んで、その内容を紹介します。

大きく変わった印象
一応印象が強くなりました。 100%画像のようにリリースされるのか?と尋ねれば、私ははいと答えることはできません。それでもあんな雰囲気に変化を図ることだけは明らかですね。私は何度もアウディのスタイルがこのように変わることをドイツの専門誌を通じて、すでに見てきました。しかし、率直に言ってまだ慣れません。その話はなんというか。パッとしないということでしょう?

まあデザインについては常に主観的な領域ですね、それでもよくできたデザインとそうでないデザインは、どの程度消費者が判断することになるのではないかと思います。車が売れている理由は、デザインのためだけではないだろうがスタイルが購入に非常に大きな影響を及ぼすという点で、果たしてその新しいイメージがどのように顧客の心を動かしたかも知りたいですね。

実物を見なければ正確な答えが出ないでしょうが、もっと率直な私の意見を言うならばその画像だけを見ると、ややガッカリです。ますます車体は広くなってヘッドランプは、細長く強烈な印象で、バンパーは、筋肉のような感じを与えます。これはアウディだけでなく、ほぼすべての自動車メーカーが求める変化です。どなたコメントを残しましたが、素敵な感じを与えていますが美しくはなれないのが最近の車のデザインではないかと思います。

とにかくデザインについては皆さん一人一見る目があるので私の話はこのくらいにします。ただし、次世代のA4はデザインの曖昧さ(?)に比べて技術的な面では明確な特徴を示しています。購入はこちら⇒カメラのキタムラ 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です